生理がこない… 妊娠以外に考えられる原因と対策方法を解説

体の健康

妊娠している可能性がないのにも関わらず、生理が一ヶ月以上こなくて悩んだことのある女性は多いのではないでしょうか。

女性にとって生理は辛いものですが、生理がこないとなると非常に不安な気持ちになりますよね。

そこで、本記事では妊娠以外で生理がこなくなる原因とその対策方法についてまとめてみました。生理がこなくて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

生理がこない…妊娠以外に考えられる原因

妊娠以外で生理がこない理由には、生理不順の他に婦人科系の病気や甲状腺の病気、過度なストレスや無理な食事制限などがあります。

一つずつ確認していきましょう。

生理不順

まず、妊娠していないのにも関わらず生理が来ない原因として考えられるのが生理不順です。

生理不順という言葉はみなさんも一度は耳にしたことがあると思いますが、生理不順とは名前の通り規則正しい周期で生理がこない状態のことを指します。

生理不順は初潮の頃から長期的に起こる場合もあれば、突然起こることもある多くの女性が悩む症状の一つです。

クリニックでピルを処方してもらう他、ホルモン療法を受けることなどで改善することができます

早期閉経

早期閉経とは40歳未満で生理が終わってしまうことを指します。

閉経は50歳前後が平均的な年齢と言われていますが、稀に40歳未満で閉経してしまう場合があります。

早期閉経の主な原因として、早期卵巣不全が考えられます。

妊娠を希望する女性で早期閉経が疑われる場合、できるだけ早く病院で診察を受けると良いでしょう。

無月経

無月経とは、妊娠していないにも関わらず生理が3ヵ月以上こない状態を指します。18歳を過ぎても生理がこない場合も無月経に分類されます。

無月経を放置してしまうと改善が難しくなることも多いので、無月経が疑われる場合はすぐに病院を受診するようにしましょう。

甲状腺の病気

生理がこなくなる原因の一つに、甲状腺の病気があります。 甲状腺の病気は主にバセドウ病や橋本病など、甲状腺ホルモンの分泌に問題が生じる病気が挙げられます。

生理がこないことに加え、体温が高くなる・痩せる・脈が速くなる・下痢気味になる・落ち着きがなくなる・情緒不安定になる、などの症状が見られます。

20~40代の女性に多く不妊や流産の原因にもなるため、甲状腺の病気が疑われる場合はなるべく早く内分泌内科や内分泌代謝科などを受診するようにしましょう。

過度なストレス

過度なストレスは肌荒れや体重の変化だけではなく、生理がこなくなる原因にもなります。

過度なストレスを受けることで生理を起こす女性ホルモンのバランスが乱れてしまうのです。

過度なストレスを受けている状態では、肌荒れや体重の変化、生理がこなくなる他、常に疲れを感じる・些細なことでイライラする・情緒不安定になる、などの症状が見られます。

十分な睡眠をとり、バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

無理なダイエット

無理なダイエットをすると卵巣への栄養が足りなくなり生理がこなくなる場合があります。症状が重くなると卵子の発育が止まり、女性ホルモン自体が出なくなる場合もあります。

無理なダイエットが原因で生理がこない場合は、なるべく早くクリニックを受診するようにしましょう。

生理がどれくらい遅れたら病院に行くべき?

特に学生の方や20代の方は婦人科系の病院に行くことに抵抗がある方も多いと思います。

しかし、自分の身体を守ることはもちろん、精神的に安心するためにも専門家の医者に診てもらうことは非常に大切なことです。

そこで、実際どれくらい生理が遅れたら病院に行くべきなのかを解説します。

60日を過ぎても生理がこない場合は病院を受診しよう

前回の生理開始日から60日を過ぎても生理がこない場合は、病院を受診するようにしましょう。

生理不順の場合は毎日の基礎体温を記録することで排卵を確認できるので、生理の周期に不安のある方は基礎体温の記録を持って病院を受診すると良いでしょう。

家でできる生理周期を整えるための対策方法

次に、家でできる生理周期を整えるための対策方法を3つご紹介します。

誰でも簡単に生活に取り入れられる内容になっているので、ぜひ実際に試してみてくださいね。

ストレスや睡眠不足の解消

前述の通り、過度なストレスは生理がこなくなる原因になります。

過度なストレスや睡眠不足を感じている場合、まずはストレスや睡眠不足を解消することを心がけましょう

ストレスの解消と言うとストレスの発散をイメージする方も多いと思いますが、バランスの良い食事をとり、十分な睡眠時間を確保することが最も重要です。

忙しい社会人の方は難しい場合もあるかもしれませんが、なるべく規則正しい生活を送れるように意識しましょう。

激しい運動を控える

適度な運動は健康維持や生理周期を整えるためにも必要です。

しかし、激しい運動は身体に負担をかけ過ぎてしまうことでストレスになるだけでなく、エネルギー不足で生理がこなくなってしまう場合があります。

特に生理周期が不安定な方は激しい運動は控え、ヨガやストレッチ、ウォーキングなどといった身体を温める程度の運動に止めるようにしましょう。

ヨガ

ヨガは健康維持や生理周期を整えるために最適な運動です。

ヨガは血行の改善や副交感神経を優位にする他、ホルモンバランスを整える効果も期待できます

他にも生理痛の改善やリラックス効果、便秘の解消など女性に嬉しい効果がたくさんあるため、ぜひ生活に取り入れるようにしましょう。

生理不順におすすめのヨガポーズ2選

最後に、生理不順におすすめのヨガポーズ2選をご紹介します。ヨガをやったことがない方でも簡単にできるポーズなので、ぜひ実際に試してみてくださいね。

合せきのポーズ

  1. 床に座り、足の裏を合わせる。両手は足を包み込むようにつかむ
  2. 両ひざを上下にパタパタ10回ほど動かす
  3. 息を吸いながら背筋を伸ばし、息を吐きながらゆっくり上体を前に倒す。そのまま呼吸を数回繰り返し、息を吸いながら上体を戻す

スフィンクスポーズ

  1. 床にうつ伏せになり、肘は肩の下に置いて、前腕は体と平行にする
  2. 息を吸いながら体を持ち上げ、肩を後ろに引くようにして肩甲骨を下げる
  3. ゆっくりと呼吸を5回繰り返す

生理中のヨガの方法やおすすめポーズは、下記記事でもご紹介しています。

【関連記事▽】

生理中のヨガはオンラインヨガ&フィットネスの「SOELU」

 ここまで生理がこなくなる原因や対策方法についてお話ししてきました。

ヨガが生理周期を整えるために最適な運動だということはおわかりいただけたかと思います。

しかし、ヨガやストレッチ、ダイエットなどにおいて最も大切なこと、それは継続することです。

今この記事を読んでいただいている方の中にも、ヨガやストレッチが続かず諦めてしまった経験のある方は多いと思います。

そこで、おすすめなのがオンラインヨガ&フィットネスの「SOELU」です。

SOELUとはオンライン上で通常のヨガやフィットネスはもちろん、生理中の女性向けのヨガなど様々レッスンが受けられるサービスで、早朝5時台から24時までレッスンを受けることが可能です。

また、インストラクターのレッスンを受けられることから効果を実感しやすく、ヨガやストレッチ、ダイエットの継続につながります。

アドレス入力で30日100円体験

オンラインヨガを試してみる

料金形態はスタンダード・プレミアムライト・プレミアムの三段階があり、スタンダードはなんと月額2178円(税込)からの利用が可能です。

 

また、100円(税込)で30日間体験できますので、まずはそちらから試してみるのがおすすめ。

30日間じっくりオンラインレッスンを体験できますし、気に入らなかったら30日以内に解約すればOK!

今までヨガや運動にチャレンジしてみたものの、続かずに挫折してしまった経験のある方も、効果を実感しやすいことから楽しく継続できるはずです。

オンラインヨガやフィットネスに興味がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

アドレス入力で30日100円体験

オンラインヨガを試してみる

SOELUメディア編集部

続けやすさ、ユーザー満足度No.1、累計受講回数100万回!国内最大級オンラインヨガ・フィットネスSOELUのメディア編集部です。あなたの生活に溶け込むヨガ...

プロフィール

関連記事一覧