股関節ポキポキ音は危険?4つの原因別に解決法を伝授

ヨガ

不自然なポキポキ音が股関節から聞こえてくると、体の状態が気になり不安に感じますよね。この記事では股関節がポキポキと鳴る4つの原因と、原因別に解決法をご紹介します。

ポキポキ鳴る股関節の原因と解決法【4パターン】

股関節がポキポキと音がなる4つの原因と解決方法をご紹介します。

当てはまる原因をチェックし、解決法としてヨガやストレッチなどに取り組んでみましょう。

歪みが原因|ヨガやストレッチで歪みを整える

腰の位置が左右で違う、スカートの位置がズレる経験のある方は、骨盤の歪みが原因の可能性があります。

股関節のポキポキ音は、骨のぶつかりが原因ではなく、股関節周りにある筋肉や腱が骨にあたることで引き起こされます
股関節や骨盤が歪むことでぶつかってしまうので、歪みを改善するヨガやストレッチが効果的です。

筋肉の疲労が原因|負荷のかかる運動を減らす

運動習慣のある方や、動きの激しい運動をしている方は、筋肉の疲労が原因と考えられます。

過度な筋トレやスポーツを続けていると、滑液包(かつえきほう)と呼ばれる関節の周りにある袋に摩擦が生じ、炎症を引き起こします。
この部分に筋肉や腱が引っかかることで、ポキポキとした音が鳴ります

股関節のポキポキ音を改善するには、運動量を減らしたり激しい動きを控えたりすることから始めましょう。

筋力低下が原因|下半身強化の筋トレやヨガ

運動習慣がなくしばらく外出していない、デスクワークが中心の方は、筋力低下が原因と考えられます。

股関節周りを支える筋肉が衰えると、動くときに股関節への負荷が高まり、日常生活の動作に支障がでる場合も。

筋力低下が原因の方は、歩行や立ち座りの動作で音が鳴りやすいです。下半身を鍛えられる簡単な筋トレやヨガで無理なく筋力アップを目指しましょう。

変形性股関節症が原因|専門家による指導・治療

変形性股関節症に当てはまる方の場合は、日常生活に支障がでるほど痛む、ポキポキではなくゴリゴリ・ボキボキとした音が鳴ります。

骨盤や股関節付近から音が鳴るだけではなく、股関節の違和感や外れるような感覚があり、これまでご紹介した3つの原因と見分けがつきやすいです。

変形性股関節症はヨガやストレッチではなく、病院での治療や指導を受けましょう。

参考:「股関節周りがポキポキ毎回音がなります。どうしたらよいでしょうか?」SOELU Q

簡単3分!股関節のポキポキ音をケアするヨガポーズ5選

先ほどご紹介した歪み、筋肉の疲労、筋力低下の3つの原因をふまえたヨガのポーズをご紹介します。変形性股関節症に限らず、股関節まわりの痛みがひどい、違和感があるなど、気になる症状がある場合はストレッチは控え、まず専門家の治療を受けましょう。

①股関節をやさしくストレッチ!花輪のポーズ

花輪のポーズは簡単なポーズでありながら、股関節の柔軟性が高められ、冷え症の改善や生理痛の予防・緩和など、女性にとってうれしいさまざまな効果が期待できます。

花輪のポーズのやり方
  1. 足を肩幅より広めに開いて立つ
  2. 息を吸いながら、付け根を折り曲げるようにして上半身を前に倒し、両手を床につく
  3. 息を吐きながらひざを曲げ、同時に股関節をゆるめてお尻を下ろす
  4. お尻を完全に下ろしきる前に、かかとを斜め内側に寄せ、ひざをつま先と同じ方向へ向ける
  5. 胸の前で合掌をし、ひじでひざを開くように押す

呼吸を5~6回繰り返しながらキープします。ポーズ中は上半身をしっかり起こし、前かがみにならないようにしてください。

②朝起きてすぐできる!ハッピーベイビーのポーズ

ハッピーベイビーのポーズは、難易度が低く動きが大きくないので、朝起きてすぐに取り組めます。
起き上がる前にチャレンジすると眠気が覚め、スッキリとした朝のスタートを迎えられますよ

ハッピーベイビー
ハッピーベイビーのやり方
  1. 寝ころんだ状態で両ひざを引き寄せ、足裏を外側から両手でつかむ
  2. 足首がひざの真上にくるよう調節し、腰が丸まらないよう背中を平らにする

ハッピーベイビーのポーズで呼吸を5~6回繰り返します。吸う呼吸よりも吐く呼吸を意識し、細く長く続けるようにチャレンジしてください。

③心地よく股関節をストレッチするポーズ

心地よく股関節が伸びる感覚が癖になる、ハーフピジョンのポーズです。リラックス効果もあるので、寝る前に行うのがおすすめ!

片足の鳩のポーズ
ハーフピジョンのやり方
  1. よつばいから片足を手首の後ろに持っていく
  2. 反対側の足は膝を2歩後ろに引き、真後ろに伸ばす
  3. 息を吸って両手指先で床を押し、吐きながら上体を前に倒す
  4. 両ひじを床につけ、両手の上におでこを乗せて3〜5呼吸キープする

これを左右3セットずつ繰り返します。股関節が辛い場合は、前に折り曲げた足の膝の位置を調整してください。

④股関節の柔軟性アップ!仰向けの合蹠のポーズ

仰向けの合蹠(がっせき)のポーズは、股関節の柔軟性を高めるとともに、在宅ワークの合間や寝る前にぴったりなリラックスポーズです。

仰向けの合蹠のポーズ
仰向けの合蹠のポーズのやり方
  1. 寝ころんだ状態で両ひじを頭上で抱える
  2. 両ひざを立てて左右に開き、足裏を合わせる
  3. 足裏を合わせたまま股関節に引き寄せ、20秒キープする

目を閉じて行うとよりリラックスでき、股関節の緊張もゆるみやすくなります。

⑤骨盤の歪みを整える!キャットアンドカウのポーズ

キャットアンドカウのポーズは、骨盤を前傾・後傾する動きを繰り返し、歪みを整える効果があります。背骨を動かすので、自律神経の乱れも改善できますよ。

キャットアンドカウ
キャットアンドカウのやり方
  1. 足はこぶし1つ分と肩幅の広さでよつばいになる
  2. 足の甲は床につけ、息を吐きながら背中を丸める
  3. 息を吸いながら腰、お腹、背中、首の順に伸ばす
  4. 3と4を5〜6回繰り返す

意識するポイントは、背骨と骨盤の動きです。とくに骨盤の前傾、後傾の動きを意識しましょう。

ヨガのポーズには柔軟性・筋力アップポーズが多数!新しい健康習慣として、オンラインでレッスン受講できるオンラインヨガ習慣を始めてみませんか?

オンラインヨガSOELUでは、柔軟性や筋力を高めるポーズで構成されたヨガレッスンを毎日生配信しています!

SOELU公式サイトを見る

まとめ

股関節のポキポキ音改善には、ヨガやストレッチを通した柔軟性アップ・筋力アップが効果的です。

ご紹介したヨガのポーズはどれも30秒から始められるので、朝起きたときや夜寝る前、手軽に取り組めますよ。

SOELUメディア編集部

続けやすさ、ユーザー満足度No.1、累計受講回数100万回!国内最大級オンラインヨガ・フィットネスSOELUのメディア編集部です。あなたの生活に溶け込むヨガ...

プロフィール

関連記事一覧