• HOME
  • HOME
  • ヨガ
  • ビクラムヨガ徹底解説|26ポーズとホットヨガとの違い、スキャンダルまで

ビクラムヨガ徹底解説|26ポーズとホットヨガとの違い、スキャンダルまで

ヨガ

ビクラムヨガは室温40℃、湿度40%の環境で決められた26のポーズをテンポよく行うヨガです。
日本では元祖ホットヨガと知られており、運動量の多さはヨガ流派の中でとくに高いといわれています。

今回はビクラムヨガの効果ホットヨガとの違い、レッスンで行う26のポーズと呼吸法をご紹介。気になるスキャンダルの件まで徹底解説します。

Natsumi先生

監修インストラクター:Natsumi先生

全米ヨガアライアンス RYT200、大企業向けのヨガレッスンや施設等でもクラスを担当。幼少期からクラシックバレエに打ち込み、日本大学藝術学部卒業後、渡米しコンテンポラリーダンスを中心に舞台活動をしていました。ボディバランスが整うことをテーマにレッスンを指導しています。

先生の紹介を見る

ビクラムヨガは元祖ホットヨガ

ビクラムヨガは、インド出身のヨガ指導者ビクラム・チョードリー氏が考案したヨガ流派です。ビクラムヨガの大きな特徴は2つあります。

  • 室温40℃、湿度40%の環境で行う
  • 26のポーズと2つの呼吸法を60分〜90分行う

高温多湿の環境でヨガのポーズを行うことから、ビクラムヨガはホットヨガの元祖ともいわれています。

ちなみに、高温多湿にするのはヨガの本場であるインドの環境に近づけるためです。

ビクラムヨガとホットヨガ3つの違い

 ビクラムヨガホットヨガ
ポーズポーズが決められているインストラクターによる
レッスン方法アジャストがないアジャストがある
レッスン時間90分30分〜60分
3つの大きな違いがある!

ビクラムヨガのレッスンで行うのは26のポーズと2つの呼吸法だけ

ホットヨガのレッスン内容は、インストラクターやスタジオが自由にプログラムします。ビクラムヨガは、26のポーズを決められた順番で行い、レッスンの最初と最後に呼吸法を行います。

ビクラムヨガはアジャストなし、ポーズは口頭でガイド

ホットヨガや一般的なヨガレッスンでは、インストラクターがポーズを取りながら口頭でガイドしますが、ビクラムヨガは違います。

ビクラムヨガのレッスンは、口頭でインストラクターがポーズをガイドしてレッスンが行われるのです。レッスンでは鏡を見ながら自分のポーズを自分で調整し、インストラクターは基本的にはアジャストしません。

アジャストをせず口頭でガイドする、と聞くと不親切に感じるかもしれません。ビクラムヨガでアジャストをしないのは、鏡の中の自分自身を見つめることが大切とされているからです。

ビクラムヨガは1ポーズ2回行うので90分間レッスンする

ホットヨガのレッスン時間が30分〜60分に対し、ビクラムヨガは90分も時間をかけて行います。90分もレッスンを行う理由は、1つのポーズを2回行うからです。

1回目は体の準備のため、2回目は体の準備が整った状態でポーズを行うためとされています。

ビクラムヨガ6つの効果

  • 柔軟性アップ
  • 筋力アップ
  • 冷え、むくみの解消
  • 美肌効果
  • リフレッシュ
  • 体幹、筋力の向上

ビクラムヨガは高温多湿の環境で行うため、体が温まって汗をかきやすいです。体が温まると筋肉や関節を動かしやすくなり、体が硬い人でもポーズを取りやすいというメリットがあります。

体が温まると血行が促され、冷えやむくみの解消にもつながるのです。

さらに汗をたっぷりかくと、お肌の水分量がアップしてキメの細かい美肌も手に入り、レッスン終了後は爽快感でストレスもスッキリ解消します。

ビクラムヨガ26のポーズ

ビクラムヨガで行う26のポーズを実際のレッスンで行う順番にまとめました。26のポーズの中には、2つの呼吸法が含まれています。

 ポーズ名効果
1スタンディングディープフリージングリラックス
体の循環を促す
2ハーフムーンポーズ体を温める
脊椎の柔軟性を高める
3オークワードポーズ脚力の強化
股関節の柔軟性を高める
4イーグルポーズ浄化
関節の柔軟性を高める
5スタンディングヘッドトゥーニーポーズ集中力アップ
循環器系のケア
6スタンディングボウポーズ強さとバランスの向上
7バランシングスティックポーズ血行促進
下半身の筋力アップ
8スタンディングセパレードレッグストレッチングポーズ腹部の引き締め
脳の血行促進
9トライアングルポーズ腎臓ケア
お尻の引き締め
10スタンディングセパレートレッグヘッドトゥーニーポーズ腹部の引き締め
11ツリーポーズお尻と膝の柔軟性アップ
12トゥースタンドポーズ下半身の脚力強化
13デッドボディポーズリラックス
14ウインドリムービングポーズお腹、腰、太もも引き締め
腰関節の柔軟性アップ
15シットアップ背骨の柔軟性アップ
腹部の引き締め
16コブラポーズ腰痛、月経トラブルのケア
脊椎強化
17ローカストポーズ腰痛、坐骨神経痛のケア
18フルローカストポーズ腰痛、低血圧のケア
19ボウポーズ便秘のケア
脊椎強化
20フィックスドファームポーズ下半身の循環を高める
腰筋の強化
21ハーフトタスポーズ便秘のケア
肩関節の柔軟性アップ
22キャメルポーズ姿勢改善
23ラビットポーズ頭痛のケア
首、肩、背中の緊張を解く
24ヘッドトゥニーポーズとストレッチングポーズ坐骨神経、足関節、膝、臀部、肩、肘、手首の柔軟性アップ
25スパインツイスティングポーズ脊椎と股関節の柔軟性アップ
26ブロウイングインファームポーズ活力アップ
消化器の活性化
※ビクラムヨガジャパンのHPを元に作成した表です。効果・効能を保証するものではありません

スタジオやインストラクターによってポーズに多少の違いはありますが、基本的にはこの26のポーズが行われます。呼吸法から始まって呼吸法で終わるのもビクラムヨガの特徴の一つです。

ビクラムヨガのスキャンダルとは?

ビクラムヨガについて調べると、スキャンダルに関する情報が目に入ってきます。ビクラムヨガのスキャンダルとは、創始者であるビクラム・チョードリー氏のスキャンダルです。

ビクラム・チョードリー氏は、ビクラムヨガの創始者として世界中に多くのビクラムヨガスタジオを展開、レッスン生を育成していました。ビクラム氏のレッスンを受けた海外セレブもたくさんいます。

しかし、女性レッスン生や元弁護士へのセクハラ・パワハラによって訴訟を起こされたのです。

【参考記事▽】
CNN.co.jp「ホットヨガのビクラム・チョードリー氏、レイプ疑惑で提訴」

元々はアメリカでビクラムヨガを普及し大成功し、ハリウッドのセレブ街・ビバリーヒルズに豪邸を構えていたビクラム氏。当時は「ヨガのバッドボーイ」として、世界的に有名な存在だったのです。

しかし、スキャンダルをきっかけに世界中のビクラムヨガスタジオが閉鎖、ビクラム氏は賠償金の支払いなどを命じられました。

ビクラム氏はアメリカ国外で現在も活動しているそうです。詳しく知りたい方は、ビクラム氏の半生を描いたNetflixドキュメンタリーをご覧ください。

ビクラムヨガQ&A

ビクラムヨガについてとくに多い疑問や不安へお答えします。

スキャンダルがあったし怪しくない?

ビクラム氏のスキャンダルの影響があり、ビクラムヨガを扱うスタジオは減りました。しかし、ホットヨガスタジオに変えたり、名前を変えたりと運営が続いているスタジオも。

名前をビクラムヨガではなく、ビクラムヨガで行うポーズと呼吸の数にちなんで「26+2」に変えて運営しているスタジオが多いです。

ビクラムヨガ自体は優れたヨガの一つであり、日本のビクラムヨガレッスン自体には怪しさはありません。

ビクラムヨガの消費カロリーはどれくらい?

ビクラムヨガの消費カロリーについては様々な意見がありますが、大体300〜500kcalと主張する意見が多いです。

明確な消費カロリーには個人差があるので、必ずしも300〜500kcal消費できるとは限りません。

しかし、ビクラムヨガは決められたポーズを一定のテンポで行うため、心拍数が上がりやすくカロリーを消費しやすいのです。

ちなみに、ヨガの流派でビクラムヨガのほかに消費カロリーが多いのは次の3つです。

ビクラムヨガって体に悪いんじゃない?

ビクラムヨガは高温多湿の環境で90分ポーズを取り続けるので、運動量がとても多いヨガです。

運動不足の人やヨガ初心者、高温多湿の環境に慣れない人は、体力が続かずレッスンを受けにくい状態になる可能性があります。

また、ビクラムヨガは汗をたくさんかくため、水分補給をせずに行うと脱水症状を引き起こす可能性も。

運動不足の人やヨガ初心者、高温多湿の環境が苦手な人は、常温ヨガや初心者向けのヨガレッスンから始めることをおすすめします。

ビクラムヨガが自宅でできる動画はある?

ビクラムヨガのレッスン動画がYouTubeにあるので、参考にご覧になってみてください。

毎日したいハタヨガシリーズ ☆ ビクラムヨガ・前半25分【 元祖ホットヨガ 】

ビクラムサウンドはこちら ➫ https://otonanoyoga.thebase.in/ビクラムヨガ全24ポーズはこちら➫ http://newyorkstyleyoga.com/text/kinds_of_yoga/bikramyoga/◼︎ ◼︎ ◼︎ ◼︎ ◼︎毎日おこないたいヨガシリーズ☆ ジミー…

出典:mikamikayoga

ただし、ビクラムヨガは高温多湿の環境で行うヨガなので、レッスンを開講しているスタジオで行うのが理想的です。

自宅の室内を高温多湿の環境にして行うこともできますが、自己流で行うと水分不足による脱水症状や怪我のリスクがあります。
自宅で行う場合は高温多湿の環境にはこだわらず、できるポーズの練習に留めておきましょう。

ビクラムヨガができるスタジオ

ビクラムヨガができるスタジオの中では、ヨガスタジオ大手のzen placeが手がけるホットヨガスタジオがおすすめです。

zen place hot yogaは、伝統的なビクラムヨガ(サイトでは「26+2」と表記)を90分かけて本格的に実践できます。

zen placeのホットヨガスタジオは、銀座・西葛西・大阪の3店舗です。お近くにお住いの方は一度体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

zen place スタジオ一覧

\ オンラインヨガでレッスンを日常に /

SOELU(ソエル)なら、スタジオに通わず自宅でヨガレッスンを受講できます。

オンラインで画面越しにインストラクターがポーズ指導!自宅で楽しめるオンラインヨガレッスンを始めてみませんか?

SOELUのオンラインヨガはこちら

まとめ

独特なルールが面白いビクラムヨガは、ベーシックなヨガに飽きてきた人におすすめのヨガです。

高温多湿の環境で行うのはホットヨガと同じですが、決められたポーズをテンポよく行っていく運動量の多さや、発汗作用の高さはビクラムヨガ特有のメリット。

お近くにビクラムヨガのレッスンを行っているスタジオがあれば、一度体験してみてはいかがでしょうか。

SOELUメディア編集部

続けやすさ、ユーザー満足度No.1、累計受講回数100万回!国内最大級オンラインヨガ・フィットネスSOELUのメディア編集部です。あなたの生活に溶け込むヨガ...

プロフィール

関連記事一覧