• HOME
  • HOME
  • ヨガ
  • 【2020年最新版】ヨガのインストラクター資格を取る!メリットや学習方法をご紹介

【2020年最新版】ヨガのインストラクター資格を取る!メリットや学習方法をご紹介

ヨガ 自然
ヨガ

毎年2万人ずつ増えているといわれるヨガのインストラクター。

「どうやったらヨガの先生になれるんだろう?」

「私も資格を取れるかしら?」

と気になる方も多いのではないでしょうか。

今回はヨガのインストラクター資格の取り方や、資格のメリット、さらに学習方法をご紹介します!

資格を取るメリット

ヨガ 個人

ヨガのインストラクターになるために資格は必須ではありません。

日本にはヨガインストラクターの国家資格がなく、一般的にヨガの資格といわれているのは、さまざまなヨガの団体が設けている民間資格です。

資格がなくてもインストラクターを名乗り活動できますが、やはりあった方が断然メリットが大きくなります!

では次に、そのメリットについて考えてみましょう。

信頼を得られる

資格の強みは何といっても信頼を得られることです。ヨガのレッスンを受ける場合、多くの方が資格をもつインストラクターに指導して欲しいと思うことでしょう。

ヨガの資格は民間資格とはいえ、指導者としての信頼度がぐっとあがります!

仕事のチャンスが増える

就職の際に資格があると有利になるといえます。資格はスキルの証明です。

そして資格を取るための努力や意気込みも詰まっています。インストラクターの採用時に資格は自己アピールになり、資格がない人との差別化が図れます。

また、資格が応募条件になっている場合もあるので、もっていると仕事の幅が増えますよ!

自分の自信になる

インストラクター資格はヨガの団体により学習時間が異なりますが、取得にはそれなりの努力が必要です。

はじめは苦手だったポーズがスムーズにできるようになることは、達成感を得ることに繋がります。

また、ヨガの正しい知識を学び体の構造を理解することで、自信をもって指導することができるでしょう。

ヨガの資格の種類

ヨガ 講師

ヨガの資格にはどのような種類があるのでしょうか?複数ある資格の中から、いくつかの資格をピックアップしてご紹介します。

全米ヨガアライアンス

1990年代に設立した、世界70か国以上で認知される最も知名度のあるヨガの団体です。

世界共通のカリキュラムが定められていて、日本にも認定校があります。資格の種類は学習時間により異なり、200時間の学習で修得する「全米ヨガアライアンス認定200時間(RYT200)」はメジャーな資格。

さらに上位の資格となる「全米ヨガアライアンス認定500時間(RYT500)」や、「全米ヨガアライアンス認定マタニティヨガ(RPYT)」などがあります。

NPO法人 日本YOGA連盟

ヨガを通じて、人々の健康や福祉に貢献することを目的とする団体です。

活動の1つとしてインストラクターの育成があり、資格を認定されたインストラクターを、各地へ派遣をしています。

養成講座ではヨガの理論や基礎ポーズ、高齢化社会を視野に入れたヨガなどを学習。

資格には「インストラクター」の他、インストラクター養成講座を指導できる「ティーチャーインストラクター」や、温泉施設でヨガを行う「温泉ヨガ指導員」などがあります。

一般社団法人全日本ヨガ協会

ヨガで健康増進やコミュニティーを広げることを目的とする団体で、国内に認定校を設立し、インストラクターを育成しています。

同協会が認定する資格は「AJYAライセンス」と呼ばれ、認定スクール・教室でインストラクターとして活躍できる「3級 MASTER マスター」から、認定教室を開ける「2級 ADVANCE アドバンス」、さらに認定スクールを開校できる「1級 SENIOR シニア」などがあります。

また、全米ヨガアライアンス認定200時間(RYT200)も目指せるシステムです。

SOELU

国内最大級を誇るオンラインフィットネスで、インストラクター養成学校の「SOELU campus」を運営しています。

ベーシックヨガインストラクターコースでは、カウンセリングで体づくりからのサポートが受けられ、コースを修了すると「SOELU campusベーシックヨガインストラクター」資格を取得できます。

また、実践的なクラスも学べる全20時間の「マタニティヨガ・トレーニングコース」も開校中。どちらも修了後にSOELUでインストラクターとして活躍の機会がありますよ!

資格取得の学習スタイル

ヨガ 木のポーズ

通学

・各ヨガ団体の認定スクール

スクールの講座へ通う頻度は、週1回の通学から、ゴールデンウィークやお盆などに短期間で集中して学ぶタイプなどさまざまです。

スクールへ通うメリットは、先生や仲間とコミュニケーションが取れること。1人では挫けてしまうかも…という方におすすめ!

また、決められた講座の日時に通学する場合がほとんどなので、通いやすい場所にあり、時間の都合がつくことが大切です。

・合宿

24時間、ヨガに集中できる環境でしっかり学びます。

東京や沖縄、離島などで開催されていて、日数は20日~30日位。特に南国での合宿は青い空や海もあり、心身共にリフレッシュできるでしょう。

合宿での資格取得は、長期の休みが取れる方や、夏休みや冬休みがある学生さんに最適です。

・専門学校

ヨガのインストラクター資格を目指せる専門学校もあります。

スポーツ系の専門学校ではヨガのインストラクター資格を取得できるところがあり、カリキュラムも充実しています。

その分、期間や費用も必要となり、ヨガ以外の分野も学ぶため、時間や費用をかけてスポーツ全般的の知識も得たい人向きです。

留学

インストラクターの中にはヨガが盛んな国へ留学した人も多くいます。フィットネスが盛んなアメリカやヨガ発祥の地であるインド、南半球のオーストラリアなどがメジャーな留学先です。

国やレッスンプログラムで費用や期間が異なりますが、費用は30万~100万位、日数は15日~30日位がメジャーです。

レッスンに日本人通訳がいる場合もありますが、多くのレッスンは現地の言語で行われます。日常会話レベルの英語ができると、コミュニケーションに不自由しないでしょう。

外国語に抵抗がなく、留学をキャリアにしたい方におすすめです。

通信講座

開講時間がきまっているレッスンを受講するためには、時間の都合がつかないといけません。忙しい方は、DVDや教材を使って学習する方法がありますよ!費用は3万円位。

子育てで忙しい方や自分のペースで学習したい方、低コストで資格を取得したい人に適しています。「先生として指導するかわからないけど、ヨガの知識を深めたい」という人にも向いているでしょう。

オンラインレッスン

「通信講座では物足りないし、でもスクールへ通う時間がない…」。そんな方にはオンラインレッスンがおすすめです!

画面を通じてインストラクターから指導が受けられるので、孤独感もありません。もちろん、質問もでき、インストラクターとのコミュニメーションもとれます。

また、自宅で受講できるので、小さなお子様がいても安心です。オンラインサービスは設備費や人件費を抑えられるため、費用は通学よりリーズナブル。自宅にいながら効率的に資格が取れますよ!

おすすめのスクール情報

ヨガ クラス

次に、国内で通学・通信講座・オンラインで資格が取得できる、人気のスクールをご紹介します。

SOELU

インストラクター養成学校「SOELU campus」では、「SOELU campusベーシックヨガインストラクター」資格を取得できます。

初心者でも安心して受講でき、個別カウンセリングで受講生に合ったプログラムを提案。ヨガの知識はもちろん、コミュニケーション力や自分の得意な分野も見つけられる学習内容です。

国内最大級のオンラインフィットネスの強みを活かし、オンライン指導のノウハウがぎゅっとつまった講座を受けられますよ!

「マタニティヨガ・トレーニングコース」もあり、どちらも修了後は、SOELUでインストラクターデビューの機会があります。

<基本情報>
校舎:なし オンライン
資格:SOELU campusベーシックヨガインストラクター資格
費用:138,000円(初回限定価格)
時間数:66時

*SOELU campusでは、募集定員に達したため、現在募集を行っておりません。次回募集は、下記画像からの派生リンクをご確認ください。

YMCメディカルトレーナーズスクール

国内の主要都市にある全米ヨガアライアンス認定校で、RYT200RYT500を取得できます。卒業生の数は業界No.1。通学で資格を取る以外に、ハワイやバリへ留学して取るコースもあります。

学習内容はヨガの実技だけではなく、運動解剖学や運動生理学などの座学も豊富。身体に関する総合スクールでプロフェッショナルを目指せますよ!

ヨガの他にもピラティスインストラクターや整体師を目指すコースがあり、各分野に特化したコースがあるのが特徴です。

詳細はこちら

<基本情報>
校舎:新宿、横浜校、名古屋校、大阪・梅田校、福岡校、仙台校、ハワイ校
資格:RYT200、RYT500など
費用:318,000円~
時間数:100時間~

FIRSTSHIP

全米ヨガアライアンス認定校で、RYT200RYT500が取得可能。通学は特定の日時に通う固定制通学、1か月で集中して学ぶ短期集中、自分の予定に合わせて通う単位制があり、ライフスタイルに合わせてヨガの勉強ができます。(2020年は期間限定でオンラインでのスタートが可能)

通学の他にバリ・インド・オーストラリアなどへの海外留学や、DVDで学べる通信教育があり、学習方法の選択肢が豊富です。

詳細はこちら

<基本情報>
校舎:新宿、渋谷、表参道、横浜、大宮、大阪、福岡
資格:RYT200、RYT500
費用:269,091円〜(単位制)
時間数:100時間〜

RHKトータルアカデミー

ヨガ歴10年以上の講師や、サロンでの指導がある協会理事が監修した通信講座です。

29,900円と低コストで学べ、一般社団法人セルフビューティー総合協会(SBG)公認の認定証を取得できます。

DVDやテキストを使って自宅でスキマ時間を使って学習でき、メールでのサポートがあるので疑問点を質問でき便利です。

気軽にヨガの知識を学んでみたい!という方にもおすすめです。

詳細はこちら

<基本情報>
校舎:なし 通信講座
資格:一般社団法人SBG公認の認定証
費用:29,900円
期間:2か月~

キャリアカレッジ

DVDやテキストで学ぶ通信講座で、一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)が認定する6つの資格が取得できます。

「ヨガインストラクター」、「コアヨガインストラクター」、「リラックスヨガインストラクター」、「マタニティヨガインストラクター」、「キッズヨガインストラクター」、「シニアヨガインストラクター」があり、ヨガの基礎から119つのポーズまで学べる内容です。

学習中のサポート以外に、資格取得後には就職や転職のためのサポートも行っています。

詳細はこちら

<基本情報>
校舎:なし 通信講座
資格:JADP認定の資格6種
費用:46,000円
期間:2か月~

LiLA YOGA Institute

東京都目黒区にあるヨガスクールで、全米ヨガアライアンスの認定校。

通学ではRYT200が取得でき、オンラインコースでは陰ヨガ、マタニティヨガ、ホットヨガなど、各分野に特化した講師資格が取得できます。

ふだんスクールで行われている内容を、わかりやすく動画で説明。自宅で何度も繰り返して見ることができますよ。もちろん、費用も通学に比べて低コストです。

詳細はこちら

<基本情報>
校舎:目黒
資格:RYT200、陰ヨガ、マタニティヨガ、ホットヨガなど
費用:18,450円~(オンライン)
時間数:7時間~(オンライン)

資格取得後の活動

ヨガ オンライン

ヨガスタジオやスポーツジム

ヨガ施設を備える企業と契約する場合です。集客は企業が行ってくれるので労力がかかりません。

また大手の人気企業と契約し、人気のインストラクターとして注目されれば、知名度を上げられるチャンス!その後のキャリアにもつながるでしょう。

オンラインレッスン

テレワークの普及とともに、オンラインレッスンの需要も拡大。現在ではさまざまなジャンルのオンラインレッスンが展開されています。

もちろん、ヨガもその1つです。ヨガ施設だけでなく、画面を通して受講生と向き合い、リアルタイムで指導ができますよ。

個人レッスン

フリーランスとして活躍の場を自由にカスタマイズできます。自宅や公共施設、レンタルスペースなどを利用し、時間もレッスンスタイルも自分流で活躍できますよ。

もちろん、集客も自分で工夫しながら行う場合がほとんどですが、企業と契約していないため、受講生との距離が近いといえるでしょう。

イベント

各地で開催されるヨガイベントに参加するのも醍醐味です。

アジア最大級のヨガの祭典「ヨガフェスタ」や、地域で行われるアットホームなイベント、企業での講演など規模もさまざまです。

イベントでワークショップやパフォーマンスをして、そこからメディアに注目されるチャンスがあるかもしれません!ヨガを通じて仲間がつくる機会にもなりますよ。

まとめ

ヨガ クラス

ヨガのインストラクターになるためには、必ずしも資格が必要ではありません。ですが、今回ご紹介したように資格があるとメリットが多く、学習方法もたくさんあります。

ぜひ自分のライフスタイルに合った学習を選んでみてください。「通学する時間はないけどインストラクターの指導を受けたい!」という方はSOELUがおすすめです。

SOELU資格講座「SOELU Campus」公式HPはこちら

オンラインヨガ ・フィットネスSOELU公式HPはこちら

SOELUメディア編集部

続けやすさ、ユーザー満足度No.1、累計受講回数100万回!国内最大級オンラインヨガ・フィットネスSOELUのメディア編集部です。あなたの生活に溶け込むヨガ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧