妊娠中のぽっこりお腹はいつから?ファッションテクで解決!

マタニティ

妊娠中にお腹がぽっこり目立ち始める時期と、目立ち始めたぽっこりお腹を目立たなくするファッションテクニックをご紹介します。お腹をカバーしながら、妊娠中でもおしゃれを楽しめるようになりますよ!

ぽっこりお腹が目立ち始めるのは妊娠4〜5ヶ月から

妊娠中にお腹が目立ち始める時期は、だいたい「妊娠4か月から5ヶ月」ごろからが一般的です。

妊娠前の子宮の大きさはニワトリの卵位の大きさですが、妊娠後期になると約15倍ほどの大きさになります。

妊娠中期にさしかかる妊娠5か月頃は、子宮が人間の頭ほどの大きさになるのでお腹が目立ち始めます

妊娠中のお腹の大きさには個人差がある

妊娠中のお腹の大きさは個人差があります。臨月でも小さめなお腹の妊婦さんもいますし、妊娠三ヶ月頃からぽっこりお腹が出てくる妊婦さんもいます。

以前は産婦人科の検診時に腹囲測定がありましたが、最近では測定しない産婦人科がほとんどです。

妊婦さんのぽっこりお腹・どこが出る?

妊娠初期にぽっこりとお腹が出てくる箇所は、お腹の下腹部あたりから出てきます。

小さかった子宮がだんだんと大きくなり、臨月になると差最終的にみぞおちあたりまでお腹が出てくるようになります。

妊娠初期でお腹がぽっこりする2つの理由

妊娠の早い段階でぽっこりとしたお腹になる理由は2つ考えられます。

女性ホルモンの影響で便秘になりやすいから

妊娠中は、女性ホルモンの影響や子宮が腸を圧迫し便秘になりやすいです。

妊娠前から便秘に悩まされて薬を服用していた場合は、妊娠して便秘薬を控えて便秘になり、下腹部がぽっこりと出ている可能性があります。

食生活の見直しや適度な運動、場合によっては産婦人科を受診し、妊娠中にも服用できる薬を処方してもらう方法もあります。

食べづわりで体重増加するから

妊娠初期は、ある特定のにおいが苦手になったり、食べ物自体を受け付けなかったりというつわりや、逆に何か食べないと気分が悪くなる「食べづわり」があります。

食べづわりによって体重が増加し、下腹部がぽっこり出てきてしまうこともあるのです。

ぽっこりお腹を目立たせない3つのファッションテク解決方法

妊娠中にお腹がぽっこり出てしまうのは仕方ないことですが、できれば目立たせたくないですよね。目立たせないようにするには、ファッションで解決しましょう。

①シフォン素材のチュニック+マタニティ用スキニーを選ぶ

妊娠中は、ワンピースやチュニックなど長めの丈のトップスでお腹を隠すことが多くなります。

ぽっこりお腹のカバーには、ふわっとしたシフォン素材のワンピースやチュニックが効果的です。

マタニティ用のスキニーパンツを合わせると、上下メリハリのあるシルエットになります。

②ストライプ柄のトップスを選ぶ

ストライプ柄のトップスを選ぶことでぽっこりしたお腹をすっきり見せることが出来ます。ボーダー柄は逆に目立ってしまうので選ぶならストライプ柄がベストです。

③ストールなど小物で目線を上にする

首元にマフラーやストール、アクセサリーなどで目線を上にもっていくテクニックも効果的です。

\ 妊娠中のお悩みにマタニティヨガ /

マタニティヨガのポーズは、全身の血流を促して心身の不調を整える効果が期待できます。妊娠中のストレスや運動不足解消に効果的ですよ!

SOELU(ソエル)では、オンラインで受講できるマタニティヨガレッスンを配信しています。

インストラクターが画面越しに動きを指導するので、初心者さんでも安心。自宅でできるマタニティヨガレッスンで、妊娠中のセルフケアを始めてみませんか?

SOELU公式HPはこちら

まとめ

妊娠中のぽっこりお腹は、妊娠による体の変化によるものが大きいです。気にしすぎないことが大切ですが、どうしても気になってしまいますよね。

ぽっこりお腹をカバーできる服装に変えるだけでも効果的なので、毎日のコーディネート選びのときに今回ご紹介した着痩せポイントを意識してみてください!

SOELUメディア編集部

続けやすさ、ユーザー満足度No.1、累計受講回数100万回!国内最大級オンラインヨガ・フィットネスSOELUのメディア編集部です。あなたの生活に溶け込むヨガ...

プロフィール

関連記事一覧