親子ヨガは発育にも良い!効果・親子でできるポーズ5選

マタニティ

親子ヨガはお子さんとのスキンシップを通じて喜びを分かち合ったり、成長を確認したりと、親子の信頼関係を深められるツールのひとつ。

会話を楽しみながらヨガに取り組むと、ママさんの運動不足解消だけではなく、お子さんの集中力アップにもつながります。

この記事では、親子ヨガでできるポーズ5つと親子ヨガのレッスンを配信しているYouTube動画を3つご紹介。

初めは難易度の低いポーズからチャレンジし、少しずつステップアップしていくと達成感を味わえますよ。

子ども(赤ちゃん)と一緒に受けられる親子ヨガの魅力

お子さんと一緒に受けられる親子ヨガの魅力をご紹介します。

産後の不調やストレスを解消できる

ヨガの呼吸法により、自律神経に働きかけアクティブな気持ちにさせる交感神経と、リラックスモードに変える副交感神経の切り替えがうまくできるようになります。

親子ヨガは一般的なヨガよりも強度が低いので、産後ヨガにぴったりです。

適度に体を動かし衰えた筋肉を刺激すると、筋トレと同じように幸せホルモン「セロトニン」が分泌され、ストレス発散につながります。

体力&筋力アップ!運動不足を解消できる

親子ヨガは、子どもを抱えたり持ち上げたりする動きがあり、ほどよい負荷がかかることで運動不足を解消できます。

出産の影響で歪みが生じた体を元に戻すには、柔軟性がポイント。

親子ヨガを通じて凝り固まった筋肉をほぐし柔軟性を高めると、ヨガを始める前と比べて体の歪みを改善しやすくなります

子どもの集中力アップにつながる

ヨガのポーズは自分の体重を支えるために、重心を意識する必要があるものばかりです。

バランスをとれるように体の使い方を工夫しながら取り組むことで、お子さんの集中力アップにつながります。

子どもとのふれあいを楽しめる

パートナーやお子さんなど、深い関係の人とスキンシップをおこなうことで「オキシトシン」と呼ばれる幸せホルモンが分泌されます。

オキシトシンが増えると、お互いの信頼感や愛情がより深くなり、さらにつながりが強くなりますよ。

親子ヨガはいつからできる?

親子ヨガを開講しているスタジオによって、生後3カ月頃から始められる「ベビーヨガ」を含む場合もあります。

産後に赤ちゃんと一緒に始められる親子ヨガは、赤ちゃんの首がすわり、ママさんの体調が安定した頃から受けられます。

お子さんと受けられる親子ヨガは一般的に、小学生までが対象です。

スタジオやオンラインで親子ヨガを受けるときは、赤ちゃんの対象年齢が異なるので、事前に確認してください。

親子ヨガにぴったりなおすすめポーズ5選

親子ヨガにおすすめのポーズを5つご紹介します。

お子さんとのふれあいを楽しみながらチャレンジしてみましょう。

ヨガの前に水分補給をしておくと、親子ともにバテてしまうことなくヨガに集中できます。

木のポーズ|バランス対決で楽しめる

木のポーズは片足立ちでバランスをとる、見かけによらず難しいポーズです。

お子さんと一緒に取り組むと、どちらが長くポーズを保てるかバランス対決ができますよ

木のポーズ
  1. 直立の状態で内ももに力を入れ、足の親指を踏むように重心の感覚をつかむ
  2. 骨盤を前に向けたままひざを開き、ゆっくり左足を上げて右太ももの内側につける
  3. 胸の前で合掌し、ゆっくりと頭上へ

ポイント

左足裏と右内ももがお互いに押し合うようにすると、バランスをとりやすくなります。ポーズをキープしたまま、5~6呼吸繰り返してください。

【プロ伝授】木のポーズのやり方とコツ!ぶれない心を育もう

ラクダのポーズ|柔軟性を高める

ラクダのポーズはお互いに反対側を向いて始めると、ポーズができたときにお互いの目線が交わります。腰を痛めないよう、ポイントをおさえてチャレンジしてください。

ラクダのポーズ
  1. 両ひざをつきつま先を立てる
  2. 尾てい骨を下げて骨盤を立て反り腰にならないように調整
  3. 右手から左手の順で足首にそえ、目線を後ろに向けて身体を反らせる

ポイント

反り腰の方は腰に痛みを感じやすいので、2の段階で骨盤を立てることがポイントです。お尻の骨を床にむけるイメージで倒すと自然と骨盤が立ち、体を楽に反ることができます。

無理なくできる方は、お子さんと目をあわせられるくらい目線を後ろに向けてみましょう。

ラクダのポーズの練習方法をプロが伝授!下腹部を強くするのがコツ

舟のポーズ|体幹強化

舟のポーズを親子ヨガとして取り組むときは、足裏をくっつけてポーズを完成させましょう。

完成形は足を伸ばした状態ですが、難易度を下げてひざを曲げで足裏をつけた状態でもOKです。

舟のポーズ
  1. 長座からひざを曲げて背筋を伸ばし、骨盤を立てる
  2. お腹をへこませ力を入れ、ひざの裏に手をそえる
  3. 息をすって背筋をもう一度整え、吐く呼吸で足を離しすねを床と平行に保つ
  4. 両手を前に出しバランスをとる

ポイント

ポーズをキープしているときは、背中や腰が丸まらないよう腹筋に力を入れて重心を感じることがポイント。足を持ち上げるまえに背筋を整える・お腹に力を入れる工程を丁寧に行うのが大切です。

舟のポーズができない!原因と効果的なやり方、練習法をプロが伝授

板のポーズ|お子さんを上にのせてチャレンジ!

板のポーズ(プランクポーズ)はインナーマッスルを強化できます。代謝アップの効果があり、運動不足の方にぴったりなポーズです。

板のポーズ
  1. 手足を腰幅に開き、四つん這いになる
  2. 片足ずつ後ろに出し、頭から足先まで一直線になるよう調整
  3. お腹をへこませ深い呼吸を繰り返す

ポイント

親子で横並びになり板のポーズにチャレンジするだけではなく、お母さんの下にお子さんをくぐらせ、重なるようにポーズをとるのもおすすめです。

初心者ヨガのためのヨガ 板のポーズ

本日は、板のポーズです。全身の筋肉を作るポーズです。足の指から、太ももの内側・下腹、お腹の奥・胸・肩・腕骨格についた筋肉を鍛えていくポーズです。このポーズで5呼吸3セット!行ってあげると次第に筋肉がついていくのを感じる事ができるでしょう。インナー、マッスルに働きかけお腹と上半身の強化に!how to1、両手は肩の…

ヨガのプランクポーズとは?効果、やり方とうまくできない原因も解決!

三日月のポーズ|下半身の筋力アップ

三日月のポーズを3歳~のお子さんと一緒に行うときは横並びに、生後3カ月~の赤ちゃんと一緒に取り組むときは、赤ちゃんを持ち上げて高い高いをしながら行ってみましょう。

土台が安定するよう、初めはママさんだけで取り組み、問題なければ赤ちゃんを抱えてチャレンジしてください。

三日月のポーズ
  1. 四つん這いから右足を両手の間に置き、ひざの下に足首がくるよう調節する
  2. 左ひざが骨盤の後ろにくるよう下げる
  3. 内ももに力を入れてコアを感じ、上体をまっすぐ起こす
  4. 骨盤がまっすぐ前を向き、左右どちらかにねじれないよう確認したら両手をあげる

ポイント

土台を安定させるには、内ももに力を入れる・骨盤をまっすぐ前に向けることがポイントです。ぐらつくときは、内ももと骨盤の2つを確認してください。

三日月のポーズの効果とやり方【膝が痛い、できない原因と解決策も】

親子ヨガ動画をYouTubeでチェック

親子ヨガはスタジオに通って受けられますが、YouTubeでも配信されています。

初めて親子ヨガに挑戦する方向けに、おすすめの親子ヨガ動画を3つご紹介します。

【親子の絆を育む】おやこヨガ by YURIKO

【親子の絆を育む♡】おやこヨガ by YURIKO

人生を輝かせる学びの場]名古屋のスタジオ、スペースライティのYURIKOが、おうちでキッズと出来る【おやこヨガ】をご紹介。★どんなポーズでも・初めに子どもに、今からどんなポーズをするか伝えてから始める・ポーズが終わったら、褒めてあげる・お互い体調の良い時に楽しもうママでもパパでも、じいじやばあばでもOK!ステイ…

親子ヨガの初級編にチャレンジできる動画です、難しいポーズはないので、体が硬い方やヨガ初心者でも取り組みやすいですよ。

親子ヨガ|エスポートヨガチャンネル

【親子ヨガ】

夏休み、親子で行うヨガのポーズ自宅にいる時間が長い今の時期だからこそ、親子で一緒にヨガはいかがですか?ヨガは、・運動不足の解消・ストレス解消・柔軟性の向上など、様々なメリットを身体にもたらします。また、親子で一緒に行うことで、絆も深まります。ぜひ、ご自宅で挑戦してみてください(^_-)-☆

初級からアクロバティックアクロバットな上級ポーズまで幅広く紹介している親子ヨガ動画。

初めは柔軟性を高めるポーズがメインなので、順番に取り組むのがおすすめです。

親子ヨガにデビュー!本物の1歳児で効果抜群|たかヨガ

親子ヨガにデビュー!産後ヨガで肩こり・腰痛予防

ベビー親子ヨガ:1人でポーズをとるにもおススメポーズです子供をあやしながら、産後のママの体をしっかりとほぐして動かせるように5分の中にギュッと凝縮しました。アレンジをしながら、親子の時間を楽しんでいただけると嬉しいです。産後ママの肩こり解消・腰痛軽減・姿勢の改善などに向けてもくり返し取り組んでください。目安の年齢…

こちらの動画は3カ月~3歳未満のお子さん(赤ちゃん)と一緒にチャレンジできるヨガ動画です。

小さいお子さん、大きなお子さんの2パターンでレクチャーしてくれるので、お子さんの年齢にあわせた親子ヨガを楽しめます。

親子ヨガのポイントと注意点

  • お子さんにどんなポーズをとるのか事前に知らせる
  • ポーズができたらお子さんを褒める
  • 事前に水分補給をしておく
  • 体調をチェック

ポーズをとっている最中に「ももの裏が伸びているね」「どこに力が入っているかな?」などと積極的に会話をすると、体への意識が高まりヨガの効果を実感しやすくなります。

ポーズができたときは褒めてあげると、お子さんの意欲・集中力アップにもつながります。万が一ポーズがうまくとれないときは、足や手の位置を変えて難易度を落とすといいですよ。

親子ヨガをやる前に水分補給をしておくと、途中でバテてしまったり脱水症状になったりする心配がありません。お子さんが疲れてきたなと感じたときは、休憩を入れてくださいね。

ヨガは血流を促進し、健康にいいフィットネスですが、体調がよくないときは控える、もしくは動きが控えめなポーズのみにしましょう。

オンラインで親子ヨガレッスンを受講できる!

オンラインヨガSOELU(ソエル)では、プロのインストラクターによる親子ヨガレッスンをオンラインで受けられます

産後から始められるベビーヨガを含むので、産後の運動不足解消にぴったりです。

SOELUのオンラインヨガとは?

ソエルLP

SOELUでは1日100以上ものレッスンを開講し、親子で受けられるレッスンが充実しています。

赤ちゃんと一緒に参加できるレッスンは「ママ&ベビーヨガ〈ベビーと一緒にヨガ〉」「ママ&ベビーヨガ〈ハグヨガ〉」など。

ママだけで参加するヨガレッスンでは、レッスン中に赤ちゃんが泣いてしまい、やむを得ず中断してした際に再受講ができるサービスを利用できます。

『赤ちゃん泣いたら保証』って何ですか?

プロのインストラクターによる体の使い方やアドバイスなどを受けられるので、自宅でも安全にお子様と親子ヨガを楽しめますよ!

SOELUで親子ヨガを体験してみる

まとめ

親子ヨガは産後から小学生まで一緒に取り組むことができ、お子さんの成長を肌で実感できるフィットネスです。初めてチャレンジするときは、具体的なポイントや注意点をレクチャーしてくれるオンラインレッスンがおすすめ。

SOELUメディア編集部

続けやすさ、ユーザー満足度No.1、累計受講回数100万回!国内最大級オンラインヨガ・フィットネスSOELUのメディア編集部です。あなたの生活に溶け込むヨガ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧