• HOME
  • HOME
  • ヨガ
  • ヨガのコブラのポーズ【効果、やり方とできない原因】解説

ヨガのコブラのポーズ【効果、やり方とできない原因】解説

コブラのポーズ
ヨガ

コブラのポーズはヨガの基本ポーズの一つで、背中にアプローチしてキュッと引き締まった背中美人を目指せます。

腰痛や肩こりの緩和、リラックスといった効果もあり、心身の不調にも効果的です。ただし、後屈のポーズでもあるので腰痛がひどい場合は完成形ではなく軽減方で行いましょう。

今回はヨガのコブラポーズの効果、アップドッグとの違い、正しいやり方とコツ、ポーズができない原因と解決策を解説します。

自宅ヨガをもっと楽しみたい方へ

こんなお悩み、
ありませんか?

  • 自分のポーズのやり方が正しいのかわからない‥
  • ヨガ中、ヨガ後の心地良さやスッキリ感がいまいち…
  • 集中、やる気が続かない!

テレビや雑誌でも話題のオンラインヨガなら、ポーズ指導付き生のヨガレッスンをスマホやパソコンで、しかも初月30日間受け放題でお試しできます。

動画とは違うオンラインヨガとは? >

Natsumi先生

監修インストラクター:Natsumi先生

全米ヨガアライアンス RYT200、大企業向けのヨガレッスンや施設等でもクラスを担当。幼少期からクラシックバレエに打ち込み、日本大学藝術学部卒業後、渡米しコンテンポラリーダンスを中心に舞台活動をしていました。ボディバランスが整うことをテーマにレッスンを指導しています。

先生の紹介を見る

コブラのポーズの特徴と由来

コブラのポーズは、胸を大きく開き、背中を後ろに反らせる後屈のポーズの一つです。サンスクリット語では「ブジャンガアーサナ」といいます。コブラが敵を威嚇するときの姿をイメージしているのが由来です。

コブラのポーズとアップドッグの違いとは?

一見似ているコブラのポーズとアップドッグですが、ポーズをとるときの体の使い方に大きな違いがあります。

コブラのポーズは、主に背筋を使って上半身を持ち上げますが、アップドッグは主に床につけた手と足を使って上半身を持ち上げます。

見た目にも少々違いがあります。

コブラのポーズ
コブラのポーズ

コブラのポーズはひじを曲げ、恥骨(股関節の上部分にある骨)と足を床につけて行います。恥骨を床につけて床を押すようにすることで、背筋に力が入って上体を起こしやすくなるのです。

アップドッグ
アップドッグ

アップドッグは両ひじを伸ばし、恥骨を浮かせて行います。コブラのポーズよりも床に接する部分は少なく、より筋力が必要になるポーズです。

また、アップドッグを行うときは目線が上を向いていることに対し、コブラのポーズは正面を向いています。

コブラのポーズやり方とコツ

うつ伏せになり、手足のポジションを調整する。
  • 手:手のひらを下にして頬の横に置く
  • 足:腰幅に開き、足の甲を寝かせる
  • ひじ:脇を締めて閉じる
脇を締めたまま息を吸いながら胸を持ち上げる

腰の状態を確認します。胸を持ち上げて腰に違和感がなければ、吐く呼吸に合わせて胸を下ろし、次の動きへと移ります。腰に違和感がある場合は、これ以上進めず胸を床に戻し、チャイルドポーズでお休みしましょう

手を胸の横につき、脇を締めて足の甲でマットを押す。息を吸いながらゆっくり身体を起こし、目線は前へ。3呼吸ホールド。

肘は伸ばし切らず、曲げた状態をキープします。ホールド中は吐く息とともに肩と腰の力を抜きましょう。腰とお尻に力は入れません。

意識するべきポイントは、まず肩甲骨。肩に力が入りやすいため、肩甲骨を引き下げて肩と耳の間に距離を作ります。床を押すときは、足の甲と恥骨で床を押すと余分な力みを入れずに上体を持ち上げられます。

ホールド後はゆっくり上体を床に下ろしましょう。

ポーズ習得はオンラインで!

スタジオに通うよりもリーズナブルで手軽にポーズを習得できるのが、オンラインヨガ!

業界最大級のSOELUでは、カメラオン受講※でインストラクターに直接ポーズ指導可能!

ヨガポーズを正しく習得するまでには、身体の動かし方の癖を整えなければいけません。オンラインヨガなら、講師が画面越しに生徒一人一人のポーズの癖を整え、正しいアーサナへと導きます。

※カメラオン受講でもご自身の映像はインストラクターにのみ届きます。受講者同士の映像は見えません。

ポーズ指導付き本格レッスン

初回30日何回受講しても税込100円!
体験期間中いつでも解約OK

コブラのポーズで得られる5つの効果

女性の背中

コブラのポーズは、ヨガ初心者でも簡単にできるポーズですが、背筋を使うことで腰痛や肩こり、猫背といった上半身のトラブル解消に効果的です。

  • 腰痛緩和
  • 肩こり解消
  • 姿勢改善
  • 背中の引き締め
  • リラックス

腰痛緩和

腰痛の主な原因に、背中と腰の筋肉のこわばりが挙げられます。コブラのポーズは背中と腰の筋肉をほぐせるので、腰痛緩和に効果的です。

肩こり解消

コブラのポーズをキープするとき、肩甲骨を下げます。肩甲骨を動かすことで、肩まわりの筋肉の緊張がほぐれ、肩こり解消につながるのです。

姿勢改善

デスクワークやスマホの長時間使用で、背中が曲がって猫背になります。コブラのポーズで背筋を強化すると、背筋がスッと美しく伸びた姿勢に整うのです。姿勢が整うとスタイルが良く見える効果も!

腹部、背中の引き締め

コブラのポーズで上半身を持ち上げるとき、背筋を意識します。背筋が鍛えられることで、キュッと引き締まった背中が手に入るのです。

リラックス

コブラのポーズで胸が大きく開くと呼吸が深まるので、副交感神経が刺激されてリラックス効果がアップします。

コブラのポーズができない原因と解決法

考えている女性

コブラのポーズができない声でとくに多いのが、「上体を持ち上げるのがつらい」「肩、首がつらい」という声です。それぞれの原因と解決策をチェックしていきましょう。

上体を持ち上げるのがつらいケース

上体を持ち上げるのがつらいのは、両ひじが横に開いて力が分散している可能性があります。

両ひじは開かないように脇を締めて両ひじを閉じましょう。

首、肩がつらいケース

コブラのポーズで首、肩がつらいと感じるときは、肩に力が入ってすくませている可能性があります。

肩甲骨を下げると両肩が左右に開き、ポーズをキープしやすくなります。

まとめ

コブラのポーズを取り入れることで、背中がキュッと引き締まった背中美人になれます。姿勢も整って全身がスタイルアップして見える効果もあり、効果を実感しやすいのも魅力です。今回ご紹介したポーズのコツを押さえて、コブラのポーズをマスターしてくださいね。

おうちでインストラクターにアーサナ指導を受けられるオンラインヨガも検討してみてください!

自宅ヨガで正しいポーズを習得するには?

ヨガポーズは筋肉や骨への細かい意識が必要になるため、見よう見まねで習得するのは難しいです。自宅で動画やDVDを使って一人でポーズの練習はできますが、ポーズの正しさや呼吸への意識がわからずモヤッとするときもありますよね。

オンライン上の自宅ヨガに物足りなさを感じてきたら、ポーズ指導付きオンラインレッスンがおすすめです。

オンラインヨガSOELUでは、講師から直接ポーズ指導を受けられるヨガレッスンを毎日生配信しています。画面越しにあなたのアーサナをプロがチェック。どこをどう修正すれば、理想のポーズと心地いい状態に辿り着けるのかを直接アドバイス。
指導付き生配信レッスンは1日200以上、早朝5時台から深夜1時台まで、講師は350名以上いるので、自分にぴったりのヨガレッスンと講師を見つけて自宅でも本格的なポーズ練習を楽しめます。

お試し期間中いつでも解約OK

オンラインヨガSOELUをさらに詳しく >

SOELUメディア編集部

続けやすさ、ユーザー満足度No.1、累計受講回数100万回!国内最大級オンラインヨガ・フィットネスSOELUのメディア編集部です。あなたの生活に溶け込むヨガ...

プロフィール

関連記事一覧