• HOME
  • HOME
  • ヨガ
  • ヨガとストレッチ3つの違いとは?効果や目的、やり方の違い解説

ヨガとストレッチ3つの違いとは?効果や目的、やり方の違い解説

ヨガ

ヨガとストレッチは動きが似ているので、どちらも効果は変わらないと思っていませんか?実は、それぞれ目的ややり方、効果に違いがあるのです。

とくにヨガには、ストレッチにはない精神的な効果があります。

今回は、ヨガとストレッチの違いをヨガインストラクターNatsumi先生のアドバイスを合わせて解説していきます。

ヨガとストレッチ、どちらを選ぶべきか迷っている方は、自分に合うものを選べるようになりますよ!

Natsumi先生

監修インストラクター:Natsumi先生

全米ヨガアライアンス RYT200、大企業向けのヨガレッスンや施設等でもクラスを担当。幼少期からクラシックバレエに打ち込み、日本大学藝術学部卒業後、渡米しコンテンポラリーダンスを中心に舞台活動をしていました。ボディバランスが整うことをテーマにレッスンを指導しています。

先生の紹介を見る

ヨガとストレッチ、どっちを選べばいい?

立って足のストレッチをする女性

ヨガとストレッチのどちらを選ぶか迷っている方は、目的で選んでみてください。


  • ヨガが向いている人:イライラや不安を解消してリラックスしたい、シェイプアップしたいけど筋トレのようなハードな運動は苦手
  • ストレッチ:体を柔らかくしたい、筋トレや有酸素運動の前後に体をほぐしたい

ちなみに、体のコリや痛みをケアしたい場合は、ヨガとストレッチどちらでもOK。

Natusmi先生
Natusmi先生

ストレスや不安を感じることが多い人は、体と一緒に心も整えられるヨガが良いでしょう。ダイエットのために筋トレや有酸素運動を取り入れているなら、運動前後にストレッチを取り入れることで、運動の効果を高められます。

ヨガとストレッチはそもそも目的から違う

ストレッチする女性

ヨガとストレッチの最大の違いは、目的です。

  • ヨガの目的:心を整える
  • ストレッチの目的:体を整える

具体的に解説していきます。

ヨガはもともと、心を落ち着かせるための修行の一つでした。ポーズをとるのは、体を動かすことで頭の中をクリアにして、心の動きを落ち着かせるために行ないます。そして、心を落ち着かせるためには呼吸が大切と考えられているのです。

Natusmi先生
Natusmi先生

ヨガはストレッチと違って体の動きよりも先に呼吸を重視します。ストレッチは体の動きに集中しますが、ヨガはまず呼吸に集中して体の動きは呼吸に合わせて行なうのです。

ストレッチの目的は人によって違いはありますが、まとめていうと体を整えることが目的で行われます。

  • 肩こり解消
  • 腰痛、頭痛の緩和
  • 筋肉痛の予防
  • 柔軟性を高めて運動のパフォーマンスをアップさせる

ストレッチは不調を解消・予防したり、体を動かしやすくしたりする手段なのです。

似ているけどちょっと違う。ヨガとストレッチのやり方の違いとは

背中のストレッチをする女性
  • ヨガ:呼吸に意識を向けながら全身を動かしてポージングする
  • ストレッチ:筋肉を一つの方向に動かす、または関節を動かして筋肉を伸ばす
Natusmi先生
Natusmi先生

ヨガは呼吸と体の両方をコントロールしながら行ないます。息を吸いながら体の一部分を伸ばしたり、息を吐きながら力強くポーズをキープしたりと、呼吸に合わせた動きを行うのがヨガのやり方の特徴です。

一方ストレッチは、ほぐしたい筋肉や関節を動かすことに特化しています。ストレッチの動きはヨガと似ていますが、ヨガと違って呼吸は強く意識しません

ヨガの場合は、ストレッチのように体を整えることが目的ではありませんが、さまざまなポーズをとることで結果的に心も体も整えられます。

さらに、ヨガにはストレッチでは得られないシェイプアップ効果や精神的な効果も得られるのです。

ヨガはシェイプアップもできる

身体に与える効果を考えると、それぞれ次のような効果が期待できます。

  • ヨガ:体幹や下半身の筋肉を力強く使うポーズで筋トレできる
  • ストレッチ:筋肉を伸ばす、ほぐして関節を使いやすくしたり、コリや疲れを解消できる
Natusmi先生
Natusmi先生

ヨガの場合はストレッチ効果もあるので、ストレッチと同じように体のコリや疲れのケアもできます。筋トレ効果はストレッチにはないので、ボディメイクをする場合はストレッチとは別のエクササイズが必要です。ヨガは筋力を高めるポーズを行なうことで、ボディラインも引き締められます。

ストレッチにはないヨガの精神的な効果

自然の中で瞑想をする女性

ヨガもストレッチも、どちらにもリラックス効果はあります。血流が促されることで自律神経が整い、心身をリラックスさせる副交感神経が働くからです。

しかし、ヨガの場合はリラックス効果以外の精神的な効果もあります。それは、「マインドフルネス」という効果です。

マインドフルネスというのは、簡単にいうと自分を客観的に見るということ。自分の体や心の状態を観察することで、集中力アップやストレスを解消することができます。

ヨガを続けることで、深い呼吸や瞑想によって、客観的に自分を見つめる能力がつくのです。このような精神的な効果はヨガ特有のものであり、ストレッチにはありません。

Natusmi先生
Natusmi先生

脳科学では、ヨガの瞑想やマインドフルネスがストレスを軽減し、集中力や想像力をアップさせることが実証されています。大企業のGoogleでは、社員の集中力アップのためにヨガプログラム「ヨグラー」が行われているそうです。

ヨガとピラティスの違いは?

ヨガと混同されがちな「ピラティス」ですが、ヨガとピラティスの大きな違いは「呼吸法」です。

ヨガは腹式呼吸でリラックスした状態で体を動かします。

一方、ピラティスは胸式呼吸(テラル胸式呼吸)を使い、助骨を広げるイメージで呼吸し、インナーマッスルの動きを感じながら体を動かします。

ピラティスの呼吸法は、
ピラティスの呼吸法とは|ヨガとの違いやコツ、練習方法
を参考にしてみてくださいね。

ヨガとピラティスどちらも呼吸法を重要視しているエクササイズです。リラックス重視ならヨガ、インナーマッスルの強化ならピラティスなど、その日の気分に合わせてレッスンを選んでみましょう。

\ ヨガ・ピラティス・ストレッチ受け放題 /

SOELUを30日100円(税込)で試す

まとめ

ヨガとストレッチの違いをまとめます。

  • ヨガは心と体、ストレッチは体を整える
  • 肩こりや腰痛など体の痛みはヨガとストレッチのどちらでもケアできる
  • リラックス効果はストレッチにもあるが、深い呼吸で自律神経が整いやすいヨガのほうが効果は高い
  • ヨガにはストレッチにはない筋トレ効果やストレス解消効果、集中力アップ効果がある

動きは似ていますが、呼吸を意識しながら行なうヨガは、心を整えながら体も整えます。しかし、ヨガとストレッチどちらが優れているということはありません。

大事なのは、自分の目的に合うものを選ぶことと、続けることです。リラックスやストレス解消ならヨガ、運動前後のウォーミングアップならストレッチ、とその日の気分や体の状態に合わせて選んでみてください。

オンラインヨガなら目的に合わせてヨガもストレッチもできる

経験豊富なヨガ講師からのオンライン指導によって正しい動きでヨガ、ストレッチができるので、効果もアップ!

ライブレッスンでは、インストラクターに体の動きをチェックしてもらい、アドバイスをもらいながらヨガ、ストレッチができます。自宅にいながら、まるでヨガ教室やジムで指導してもらっているような気分を体験できるのです!

【PR】

オンラインヨガSOELU(ソエル)なら、スマホ1台で自宅がいつでもヨガスタジオに。インストラクターによる生のヨガレッスンをオンラインで受講できます。

ヨガ・ピラティス・ストレッチのレッスンが毎日130本以上!ぜひオンラインヨガ体験してみて下さいね。

SOELUを30日100円(税込)で試す

SOELUメディア編集部

続けやすさ、ユーザー満足度No.1、累計受講回数100万回!国内最大級オンラインヨガ・フィットネスSOELUのメディア編集部です。あなたの生活に溶け込むヨガ...

プロフィール

関連記事一覧