ヨガとピラティス効果の違い|どっちがいい?【プロ解説】

ヨガ
ピラティス

女性を中心に人気のフィットネスとして代表的な「ヨガ」と「ピラティス」。ヨガとピラティスには共通点が多いですが、効果の違いが気になりますよね。

ヨガとピラティスの効果の大きな違いとは「ヨガ=身体面・精神面を整える、ピラティス=身体を整える」ことにあります。

今回は、ダイエットや美容といった、目的別にどちらがより効果的なのか?など「ヨガ」と「ピラティス」両者の効果の違いについてヨガインストラクターである筆者が詳しく解説していきます。

ヨガもピラティスも受け放題!
自宅でレッスンをお得に受講したい方はこちら

ヨガとピラティス起源や目的の違い

ヨガピラティス
起源修行リハビリ
目的リラックス効果身体作り
呼吸法腹式呼吸胸式呼吸
動作ポーズをとって静止身体を動かす

「ヨガ」と「ピラティス」、健康・美容に効果的なフィットネスとして似たものとして捉えられがちですが、両者は起源や目的も違います。そして、最も大きな違いは「呼吸法」にあります。

ヨガの起源や特徴

ヨガはおよそ3500年ほど前インドで発祥したものです。「心の作用を止めること」を目的として、瞑想や座法を中心とした静的な動きを中心に食事や精神的な考え方にまで、生活全般に及ぶ精神・行動の指針を説くものでした

その後、呼吸とポーズがメインの、現代ヨガの主流「ハタヨガ」へと発展し、健康的なフィットネス要素の強いヨガとして世界的に広まってきました。

ヨガでは呼吸や姿勢、精神を統一することで、心と身体を繋ぐことを目的におこないます。

ピラティスと大きく異なる点としては、腹式呼吸(吸うときにお腹を膨らませ、吐くときにお腹をへこませる)を推奨していることです。そして鼻から吸って鼻から吐くという鼻呼吸である点も異なります。

ピラティスの起源や特徴

ピラティスには大きく分けて2種類あります。

ドイツ人の看護師ピラティス氏が、幼い頃から病弱だった自身の身体を強くするために開発した、現在のマットピラティスとして知られているメソッドと、第一次世界大戦中にドイツ軍従軍看護師として勤務している際、負傷兵のリハビリ・身体の強化を目的として器具を使用して開発されたトレーニングメソッドです。

ピラティスは身体の中心(コア)を安定させて、身体のバランスを整えることを目的におこないます。ヨガとの大きな違いは胸式呼吸(肋骨を横方向と後方向に広げて行う呼吸)を推奨し、鼻から吸って口から吐く呼吸を行うことです。

ヨガとピラティス効果の違いを徹底比較

ヨガとピラティスの効果について、目的別にどちらがより効果を感じられるのか?徹底比較していきます。

ダイエット効果

ピラティス  > ヨガ

残念ながら、ピラティスもヨガもダイエット目的に開発されたエクササイズではないので、どちらもダイエットに即効性のある効果はありませんが、筋力を強化するため、代謝アップに繋がっていきます。

ヨガの流派やポーズによって異なりますが、どちらかと言えば、ピラティスは体幹の深部にある筋肉を鍛えることを重視しており、特にお腹周りの筋力強化によるボディラインの引き締めに効果的です

ただし、ヨガも例えばアシュタンガヨガやパワーヨガなどは、運動量が他の流派よりも多くダイエット中の運動として役立つので、明確にどちらの方がダイエット効果が優れているとはいえないかもしれません。

ヨガもピラティスも減量というよりは、インナーマッスルを鍛えて美しくしなやかなボディラインを作る効果があると理解すると良いでしょう。

柔軟性の向上

ヨガ  > ピラティス

柔軟性を向上させるには、やはりヨガが効果的です。ヨガのポーズには、筋力アップを図りながらも、身体のさまざまな部位をストレッチしていくポーズが多くあります。そして、腹式呼吸では体内に取り込む酸素量が多いため、柔軟性を高めるのに効果的だと言われています。

健康維持 

ピラティス = ヨガ

ヨガもピラティスも呼吸と共に身体を動かすことで、身体を内側から温めたり、筋力を向上させて代謝をアップさせたり、また両者ともにインナーマッスルを鍛えることで、姿勢の改善に繋がっていきます。

さらに、どちらも継続することで肩こりや腰痛、冷えや浮腫み、便秘といった慢性的な不調の改善を助ける効果が多いに期待できます。

精神的な安定

ヨガ  > ピラティス

精神面での効果は、ヨガで行う「腹式呼吸」が鍵となります。腹式呼吸は、副交感神経の働きを優位にして、ストレス緩和やリラックスといった精神的な安定の効果が期待できます。

そして、古来から伝わるヨガでは瞑想で感情を手放すために、ポーズを取って身体を整えると言われています。それほどヨガでは精神を安定させることに重きを置いているのです。

関連記事:瞑想の正しいやり方と効果|ヨガ講師伝授3つのポイントで脳リセット

美容

ピラティス = ヨガ

ヨガもピラティスも多くの女性に人気な理由は、ボディメイク意外にも美容効果が高く期待できることにあります。

ヨガの腹式呼吸で身体を内側から温めたり、ピラティスで深層筋肉を鍛えて代謝を上げることで発汗作用を生み出すことで、美肌を作ってくれます

また、両者ともに姿勢や歪みの改善を助けてくれることから、内臓の働きを活性化させることに繋がり、便秘、生理痛などの女性特有の悩み緩和が期待できます。

ヨガとピラティスどっちがいい?向いている人、選び方

ヨガもピラティスもどちらも女性にとって嬉しい効果が多いのは事実です。ただし、両者ともに即効性のある効果に多くは期待できないため、継続することが重要となります

そのため、効果の大きさに期待するよりは、楽しさを感じられる方がより継続しやすいはずです。どちらかを選択するときには、ぜひ、以下の向いている人の傾向を参考にして選んでみてください。

ヨガに向いている人

  • 精神的な安定を目指す方
  • リラックスした時間が欲しい方
  • 比較的、運動が得意ではない方
  • 柔軟性を高めてしなやかな身体を目指す方

自宅でヨガを楽しむ方法もチェック!
>> 【自宅でヨガ】初心者さん向け家でヨガを楽しむ10の心得

ピラティスに向いている人

  • 体幹や筋力を強化して強く安定した身体を目指す方
  • 外科的手術などでリハビリを目的としている方
  • 骨格や筋力など身体のバランスを整えたい方
  • 比較的ハードな運動が好きな方

自宅でピラティスを始める方法もチェック!
>> ピラティスの自宅で出来るポーズ5選|初心者メニューと練習法

ヨガとピラティスの良いとこ取りで組み合わせて効果絶大に!

そのときの体調や身体の悩みに合わせて、ヨガとピラティスを組み合わせることで、効果が絶大になります。実際インストラクターもヨガ、ピラティスどちらのレッスンも行っているマルチな方も多くいます

ぜひ、ヨガ、ピラティスのそれぞれの良いところや自分に合っている部分を取り入れて、欲張りに健康効果を追求してみてください!

「ヨガとピラティスどっちも興味がある!」という方は、ヨガとピラティス両方のレッスンを受け放題で体験できるオンラインフィットネスを試してみましょう。

ヨガピラティス受け放題!SOELUを見てみる >

オンラインヨガ・フィットネスSOELUなら、ヨガとピラティスどっちが良いか迷っている方でも両方レッスンを試せるので、自分に合う方法がよりわかりやすくなります。レッスンはスマホやパソコンを使って自宅でリモート受講。カメラ越しにインストラクターが直接ヨガ・ピラティスを指導します!

お得な体験キャンペーン実施中!ヨガもピラティスも何回レッスンを受講しても30日間100円です!

30日間100円で受け放題!
お得なおうちヨガピラティスレッスンはこちら

自宅受講のヨガ・ピラティスレッスンを見る >

Aya Ogawa

JYIAヨガインストラクター2級取得。ハタヨガやホットヨガレッスンを担当。 英語と日本語でヨガを伝えるバイリンガルヨガ勉強中。

プロフィール

関連記事一覧