• HOME
  • HOME
  • ヨガ
  • ヨガとジムどっちがいい?各メリット解説【どちらが痩せる?】

ヨガとジムどっちがいい?各メリット解説【どちらが痩せる?】

ヨガ

「痩せるためにはヨガとジムどっちがいいの?」
と迷っているかたへ、結論としましてはヨガとジムを併用することをおすすめします。

ジムで筋肉を鍛え、ジム後の身体をケアするためにヨガでストレッチしてみましょう。体脂肪を落とすことが目的であれば、パワーヨガやアシュタンガヨガなど運動量が多いタイプのヨガも取り入れると良いでしょう。

ヨガはメンタルを整える方法でもあるため、ダイエット中のストレス対策にもなり、ジムでのみ運動するよりもダイエットの成果が出やすいかと思います。

迷ったらオンラインフィットネス

ヨガもジムもどっちも体験したい!
そんな方には自宅で人目を気にせずレッスン受講できるオンラインフィットネス。

\ ヨガも筋トレレッスンも /

オンラインジムを見てみる

ヨガもトレーニングもオンライン完結
初回何回レッスン受講でも100円(税込)

ヨガは心と体の両方にアプローチ

戦士のポーズ2番をする女性

ヨガは瞑想とフィットネスの2つの側面を持ち合わせているので、心と体の両方にアプローチできます

仏教が生まれた地であるインド発祥のヨガは、元々は瞑想の一種として生まれました。アメリカに渡ったことをきっかけにフィットネス要素と混ざりあい、今ではフィットネスの要素が強く表れています。


  • 心への影響:自律神経の乱れを整える、ストレス解消、リラックス効果
  • 体への影響:代謝アップ、ストレッチ、筋肉の強化

ヨガを始める2つのスタイル

ヨガはスタジオに通って始める方法と、お家で手軽に挑戦できるオンラインで始める方法の2通り。

ヨガスタジオに行きづらくなってしまった現状では、とくにオンラインヨガの人気が高まっています。オンラインヨガはスタジオに通う手間や時間が省け、身支度をすることなくサッと始められる手軽さが魅力です。

関連記事:オンラインヨガとは?初心者向け完全ガイド

30日間100円でオンラインヨガを試せる

30日間受け放題で試してみる >

オンラインヨガサービスは「オンラインヨガ比較!おすすめ人気ランキング18選」もご覧ください。

ヨガの3大メリット

子どものポーズをする女性

ヨガを始めるとさまざまな効果を実感できます。なかでも代表的なヨガの効果を3つご紹介します。

メンタル不調を防ぐ

ヨガで大切にされている呼吸法は、メンタル不調を防ぐために役立ちます。

なぜなら深い呼吸は自律神経の乱れを整え、アクティブモードになる交感神経とリラックスモードになる副交感神経の切り替えを正常化してくれるからです。

夜になると自然と副交感神経が優位に働きますが、乱れている方は夜寝る前になっても神経が高ぶり、寝つきが悪かったり眠りが浅くなったりします。

精神的な疲れや睡眠の悩み、ストレスを食べることで解消するタイプの方は、ダイエットのためにヨガを取り入れると良いでしょう。

筋肉を鍛えるポーズや有酸素要素が強いヨガ流派も

ヨガはゆったりとしたリラックス系だけではなく、全身をよく動かすアクティブなヨガや、筋肉を力強く使って行うポーズもあります。

フローヨガと呼ばれるレッスンは、呼吸に合わせてポーズを次々と変えていくことで運動量が増えます。とくにパワーヨガとアシュタンガヨガは、筋肉を力強く使うポーズで構成され、次々にポーズをとっていくので筋トレと有酸素運動両方のメリットを得られます。

インナーマッスルを鍛えるポーズも多く、体幹が安定するメリットも。体幹が安定すると筋トレパフォーマンスも向上するので、ボディメイクで筋トレをメインにしたい方にもヨガはぴったりなのです。

しなやかな体づくり

ヨガは柔軟性と筋力アップの2つを叶えることができ、筋肉をしなやかに育み、ガチガチではなく女性らしい曲線的なボディも目指せます。ヨガレッスンでは、筋肉を力強くポーズと心地よくストレッチするポーズを組み合わせ、筋力強化とストレッチが同時にできるようになっているのです。(レッスンによって違いはあります)

しなやかで曲線的な体とは、緊張や凝りで硬くなった筋肉の柔軟性が取り戻され、ほどよく筋肉がついている状態です。柔軟性が失われていると、いくら筋トレをしても効果が表れにくくなってしまいます。

ジムは肉体強化に特化

ジムではマシンを使用した筋トレや有酸素運動など、筋力アップから脂肪燃焼まで様々な目的に合わせて使えます。

しかし、効率的な身体作りのためには体の柔軟性が欠かせません。

単にマシンを使った筋トレや有酸素運動ばかり行っていても、固まった筋肉のままトレーニングすることになり、十分な筋トレ効果が表れにくいです。

筋トレにかける時間と同じくらいストレッチに時間をかけなければ、柔軟性が欠けたままなので、ダイエットやボディメイクの目的達成が遠のいてしまうことも。

ヨガのポーズにはストレッチに役立つポーズがたくさん。筋トレ後のストレッチとして、ゆったり系ヨガを取り入れてジムトレーニングとヨガを使い分けましょう。

ジムの3大メリット

ヒップアップトレーニングをする2人の女性

ジムに通う3つのメリットをみてみましょう。

ボディメイク目的の筋力アップ

しなやかで引き締まった筋肉をつけるためには、ジムに用意されているマシンを使うと効率的に筋トレができます。正しいフォームで筋肉を鍛えやすく、限界まで追い込んでトレーニングすれば短期間でのボディメイクが可能です。

ただし、マシントレーニングは怪我のリスクも比較的高いので、初心者さんはトレーナーの指導を受けながら行う必要があります。

有酸素運動によるダイエット

ランニングマシンやエアロバイクを使うと、外でのウォーキングやランニングでの日焼けを気にすることなく運動に集中できます。さらにグループレッスンプログラムとしてダンスエクササイズなどの有酸素運動レッスンを開講しているジムも。

夏は熱中症の心配も必要ないので、安全にダイエットできるところがうれしいです。エアロバイクなどは自宅にも設置できますが、スペースの問題で自宅では不可能な方にはぴったり

肉体強化に集中したトレーニング

トレーナーが指導してくれるパーソナルジムの場合はあなたにあったトレーニングメニューに取り組むことができ、具体的な目的や悩みにあわせたアドバイスをもらえます。

体状態によって適切なトレーニング方法は変わるので、より効率良く効果的にダイエットやボディメイクができます。

ジムのデメリットは?

ジムの場合は男女問わず多数の人が通っているため、人目が気になってしまうことや混雑時に使いたいマシンが使えないといったストレスがあるかもしれません。

ヨガスタジオも人気の店舗では人が多いですが、使いたいマシンが使えないといったことはありません。人目については少人数制レッスンや個人レッスンを開いているヨガ教室に通うという方法もあります。

同じようにジムでも人目が気になる、気になるジムに見学に行ったら人が多くマシンが使いづらそうと感じたら、パーソナルジムや女性の場合は女性専用ジムを探してみましょう。

人目が気になる方には自宅で体験できるオンラインジムもおすすめです

プロの生指導で続くダイエット!

オンラインジムを見てみる

オンラインジムってなに?
オンラインジムSOELUのメリットなどを解説!

ヨガとジム迷ったら総合型ジムがおすすめ

ジムのタイプは主に下記の3つに分かれます。

  • 総合型ジム
  • 24時間営業ジム
  • パーソナルジム

総合型ジムとは、マシンだけではなくプールやレッスンスタジオなど併設し、さまざまな運動ができるフィットネススタジオです。ちなみに総合型ジムにはヨガのグループレッスンを行っている店舗も多いので、ヨガかジムか迷ったらヨガのグループレッスンがあるジムを検討してみると良いかもしれません

24時間営業ジムはマシンが豊富に用意されていて、自由にトレーニングができます。

パーソナルジムはマンツーマンで指導してもらえるので、自分に合ったトレーニングを受けられ、効果が表れやすいところが特徴です。料金は他のジムより高くなりますが、最近はオンライン・自宅でパーソナルトレーニング指導を受けられるサービスもあります。

関連記事:オンラインパーソナルトレーニングおすすめ比較10選|安い、食事指導も

ヨガとジムどっちが痩せる?併用がおすすめ!

ヨガとジムどっちがいいかというよりも、ヨガとジムで行う筋トレや有酸素3つを目的に合わせて取り入れると効率的

基本的には筋トレは鍛えたい部位を鍛える方法で良いですが、ヨガの場合は目的によって適した種類が変わります。

体脂肪を落としたいなら動きが多いヨガと大きな筋肉の筋トレ

パワーヨガアシュタンガヨガなど、レッスン中次々にポーズをとっていく心拍数が上がりやすいヨガを有酸素運動として取り入れてみると良いでしょう。

さらに、週2〜3回の頻度でジムで大きな筋肉を中心に鍛えるトレーニングを。とくに下半身には大きな筋肉が集まっているため、鍛えることで筋肉による代謝アップを効率よく目指せます。

ちなみにヨガはスタジオでレッスンを受けなくても、自宅でレッスンを受講できるオンラインサービスを利用するとジムと併用しながらでも費用を節約できます。

オンラインジムを見てみる

ボディメイクが目的ならジムとストレッチ系ヨガ

ボディラインを短期間で引き締めたいなら、筋肉に強く負荷をかけられるジムの器具トレーニングと、ストレッチとしてゆったり系のヨガを行う方法がおすすめ。

バーベルやベンチなど大型器具を使ったジムだからこそできるトレーニングは、筋肉に強い負荷をかけて鍛えられるので、短期間で筋肉を鍛えてボディラインを引き締めるのに役立ちます。

ただし、自宅でもダンベルやレジスタンスバンドを使えば、十分筋肉を鍛えてボディラインを引き締めることも可能です。

関連記事:宅トレでダイエット効果が出ない理由|結果を出すメニュー8選

ジムに通う手間や費用を節約したいなら、宅トレを選ぶ・ヨガとトレーニングどちらもオンラインでレッスン受講できるオンラインフィットネスがおすすめ。

関連記事:【2022年】オンラインフィットネスおすすめランキング|配信サービス別24社比較

オンラインジムを見てみる

ヨガもジムもオンラインで完結するサービスが便利

オンラインフィットネスであればヨガも筋トレも自宅でプロの指導のもと実践できます。

例えばオンラインフィットネス日本最大級のSOELU(ソエル)なら、ダイエットに効果的なヨガ・ピラティス・トレーニング・有酸素運動(ボクシングエクササイズやダンスエクササイズ)など、スタジオで受けるようなレッスンを自宅で受講できます。

オンラインプログラム例

  • お腹引き締めヨガ
  • 美脚ヨガ
  • ヒップアップトレーニング
  • 脂肪燃焼サーキットトレーニング
  • 脂肪燃焼ボクシングエクササイズ など

月額3,278円からと店舗型ヨガ教室やジムよりリーズナブルなので、手軽さや安さを求める方はオンラインフィットネスもチェックしてみてください!SOELUには30日間100円でレッスン受け放題のお試し期間もあります。

オンラインフィットネスSOELU
筋トレ、ピラティス、室内有酸素エクササイズも!

オンラインジムを見てみる

ヨガもトレーニングもオンライン完結
初回何回レッスン受講でも100円(税込)

ホットヨガとジムならどっちがいい?

ホットヨガはたくさん汗をかくことから「ダイエットに良いのでは?」と思う方が多いかもしれません。ホットヨガは汗をかきやすいから特別脂肪を燃やしやすいというわけではありませんが、発汗によって身体がほぐれやすい、お肌が整うといった効果が期待できます。

ホットヨガとジムどっちがいいかという疑問についても、同じくおすすめなのは併用する方法です。ホットヨガスタジオ付きのジムなら、スタジオの有酸素運動プログラムやマシントレーニングを行いながら、定期的にホットヨガのレッスンも月額1万円程度で受けられます。

ホットヨガとジムを比較する時は、ホットヨガによる効果を改めてチェックしてみてください。下記でホットヨガによる効果を主にダイエットに関することを中心に解説しています
▶︎ホットヨガの効果、嘘と本当。インストラクターが疑問に答えます

オンラインヨガ&フィットネスSOELU

まとめ

ヨガとジムの特徴や違いが分かると、どちらが自分に向いているのかに気づいたのではないでしょうか?オンラインヨガやオンラインフィットネスであれば、運動に対するハードルも下がり、習慣化しやすくなります。

SOELUメディア編集部

続けやすさ、ユーザー満足度No.1、累計受講回数100万回!国内最大級オンラインヨガ・フィットネスSOELUのメディア編集部です。あなたの生活に溶け込むヨガ...

プロフィール

関連記事一覧