• HOME
  • HOME
  • ヨガ
  • ホットヨガのメリット・デメリットとは?【プロが解説】

ホットヨガのメリット・デメリットとは?【プロが解説】

ホットヨガ
ヨガ

高温多湿の環境で行うホットヨガのメリットは、汗をかきデトックス効果を感じやすいのでダイエット目的の女性を中心に人気を集めています。

しかし注意すべき点も多く、ホットヨガに疑問を呈している説もあります。

ホットヨガのデメリットについて、ホットヨガ歴7年、そしてホットヨガインストラクターの経験もある筆者が常温ヨガと比較しながら詳しく解説していきます。

ホットヨガにダイエットデメリットはある?

ホットヨガを行うとまずその発汗量にビックリするでしょう。そして、体力の消耗や疲労感も大きいので、終了後にはほとんどの方は「痩せた」「体重が減った」と感じます。

ですが、残念ながらホットヨガでの発汗は、上がった体温を調節するための汗であり、体重の減りは一時的なのです。ダイエット効果に関しては常温ヨガとほぼ変わらないと言えます。

また、ホットヨガで注意したいのは、自律神経のバランスの乱れです。

ホットヨガ終了後、高温多湿の環境から涼しい場所へ移動することにより、体温調節の機能のある自律神経が忙しく働きます。そのため、自律神経が疲弊してしまい、そのバランスを乱すことがあります。

自律神経の乱れは腸内環境を悪くし、消化不良や便秘、また過食を引き起こすことがあるので、ダイエットには大敵です。ホットヨガ後は汗をしっかりと拭き、タオルを肩から掛けて室外へ出るなどの予防をしましょう。

関連記事:ホットヨガの効果、嘘と本当。インストラクターが疑問に答えます

ホットヨガが向いている、向いていない人はどんな人?

ホットヨガに限りませんが、さまざまな健康法には人それぞれに向き、不向きがあり、効果にも幅が生じます。自分自身で体調の変化を観察しながら自分に合った方法を取り入れてみてください。

向いている人

  • サウナや岩盤浴が好き
  • 美肌効果を求める人
  • 汗をかいてスッキリしたい

向いていない人

  • 暑さに弱い
  • 時間にゆとりがない(ヨガの後の身支度に時間がかかるため)
  • 心疾患のある方や、高血圧、妊娠中の方
  • 決まった時間に食事をしたい

やはり、ホットヨガの最大の特徴である「高温多湿」な環境に順応出来るという事が第一の条件となります。常温ヨガでも継続することで十分に効果は期待できるため、疲れているときや体調の優れないときはホットヨガをお休みすることをおすすめします。

継続率80%※のヨガレッスン

オンラインでヨガレッスンを受講できる「オンラインヨガ」なら、ホットヨガに通うより安く・手軽にインストラクターによるレッスンを体験できます。自宅・オンライン受講だから面倒な準備や移動の手間も不要!

※2019/8〜2020/8ご入会のユーザー様の1年後状況の自社調べ

\ 10/31まで30日体験&初月1ヶ月100円 /

オンラインヨガを見てみる

体験期間中はいつでも解約OK!
何回レッスン受講でも税込み100円

ホットヨガのメリットを常温ヨガと比較!

常温ヨガとホットヨガどちらが効果が高いのか、ホットヨガの効果を「身体面」と「精神面」に分けて解説します。

【身体面の効果】

  • ダイエット
  • デトックスや美肌
  • 柔軟性UP

【精神面の効果】

  • ストレス緩和
  • リラックス

結論から言いますと、一般的に伝えられているホットヨガの効果(メリット)は、常温でおこなうヨガのメリットとほとんど変わりません。

関連記事:ヨガの2大効果例|身体面・精神面に期待できる効能とは

ダイエット

ホットヨガ = 常温ヨガ 

発汗作用が高いホットヨガは一時的な体重減少は大きいのですが、効果の持続性を考えると常温ヨガとホットヨガでのダイエット効果に差はないのが事実です。

ホットヨガに限らずヨガの多くのポーズには脂肪燃焼しやすいからだ作りや、内臓の働きを活性化し便秘や冷えを改善するポーズがあり、ヨガを続けることが結果的にダイエットにつながります。

柔軟性UP

ホットヨガ ≧ 常温ヨガ 

「お風呂上がりのストレッチはからだが温まっているので効果的」という説は広く知られていますね。
それは、筋肉全体を覆う「筋膜」という組織が温まることにより伸縮性が高まるという理由から、ホットヨガでは常温ヨガより柔軟性がアップしやすいと考えられます。

ただし、暖房や加湿器を使用して室内を温めるホットヨガでは体感温度は非常に高いのですが、身体の芯から温まるには時間がかかってしまいます。

柔軟性を高めるには、ヨガの特徴である呼吸をしっかりとからだに入れて、身体の内側から温めることが大切です。

デトックスや美肌

ホットヨガ ≧ 常温ヨガ

発汗作用が高いホットヨガでは、デトックス効果が大きいと思われがちですが、実際は発汗での毒素の排出量は非常に低いと言われています。

ホットヨガに限らず、ヨガのポーズには腸の働きを活発にするねじりのポーズや前屈など、リラックスを深めるポーズで排便を促しデトックス効果を高めることができます。

美肌に関しては発汗での効果は高いですが、汗をかいた後の保湿ケアを怠ると肌トラブルを引き起こすので注意しましょう。

心の安定

ホットヨガ ≦ 常温ヨガ 

精神面でのリラックス効果には呼吸が深く関係しています。
常温の環境では呼吸が入りやすいですが、高温多湿の環境では負荷が高いために呼吸が浅くなりがちで交感神経にスイッチが入ってしまうこともあります。

自律神経のバランスを崩す原因にもなりますので、ホットヨガでは呼吸をいつも以上に意識して取り入れて無理をしないことをおすすめします。

ヨガは継続することで効果が出やすいエクササイズです。
無理なく継続するコツとしては、ホットヨガは多くても週2~3日程度にし、それ以外の日は常温ヨガを行うと良いですね。

その日の体調に合わせて常温ヨガとホットヨガを上手く組み合わせることでヨガの効果をより高く実感できるでしょう
個人差がありますので、まずはご自身でヨガ・ホットヨガの体験レッスンを試してみることをおすすめします。

オンラインヨガを見てみる >

まとめ

ホットヨガにはメリットもデメリットも同じくらい存在します。その日の体調や気分、そして身体の声をしっかりと聞きながらホットヨガと常温ヨガをうまくミックスして取り入れることをおすすめします。ホットヨガに限らずですが、くれぐれも心の声、からだの声を無視しないように注意しましょう。

【こちらもおすすめ】
ヨガ後のプロテインは太る?効果的に摂取するポイントをプロが解説

食欲の秋はヨガ習慣で食べ過ぎ防止!

日々仕事や人間関係、家事、育児でストレスを抱え続けている方はストレスによるやけ食いに要注意!

慢性的なストレスはストレスホルモンによって脂肪が溜め込まれ、肥満につながりやすいと考えられています。(逆に食欲が無くなり痩せてしまう人もいるそうです)
参考:北岡和代. ストレスと食生活. 厚生労働省e-ヘルスネット

心を穏やかに整えるヨガはストレスによるやけ食い対策にぴったり。

ストレスでやけ食いする傾向がある方は秋の食欲暴走対策にヨガを取り入れてみましょう!オンラインヨガSOELUなら、多忙でもスキマ時間を活用して自宅でヨガレッスンを受講できます。

\ 10/31まで30日体験&初月1ヶ月100円 /

オンラインヨガを見てみる >

体験期間中はいつでも解約OK!
何回レッスン受講でも税込み100円

Aya Ogawa

JYIAヨガインストラクター2級取得。ハタヨガやホットヨガレッスンを担当。 英語と日本語でヨガを伝えるバイリンガルヨガ勉強中。

プロフィール

関連記事一覧